ニキビ跡に効果的な食事

ニキビ跡に効果的な食事

ニキビ跡に効果的な食事

ニキビ跡に効果的とされる栄養が摂れるレシピや食べ物などをご紹介していきましょう。

 

ニキビ跡に効果的なレシピ「レバーとほうれん草のソテー」

ビタミンAが含まれている栄養素には、「ニキビ跡の治療を早める効果」が期待されております。そこで、ビタミンAが豊富な鶏肉のレバーやほうれん草を使ったレシピをご紹介していきたいと思います。

 

「絶品!レバーとほうれん草のソテー」
材料を準備する(4人分)

ほうれん草(1束)、鶏肉のレバー(約50g〜60g)、赤唐辛子(1本)、サラダ油(小さじ1杯)、醤油(少々)、食塩(少々)、砂糖(少々)、料理酒(適量)、かつお節(適量)

 

材料を仕込む

イメージ

鶏肉のレバーは、乱切りで、準備しておいた食塩をすり込んでおきます。ほうれん草は、良く洗って食べやすい形に切ります。


だしをとる

お鍋に水を400ccを入れ、中火で沸騰させます。沸騰したらかつお節を入れ、約8分煮ましょう。その後は、火を止めてだし汁を濾し、出汁の中に調味料(料理酒、砂糖、お醤油)を加えます。

 

材料を炒める

イメージ

フライパンに小さじ1杯分の油を敷きます。そこに、予め仕込んでおいた鶏肉のレバーを炒め、火がしっかりと通ったら、食べやすい形に切ったほうれん草を入れて、さっと軽く炒めます。


仕上げ

仕上げにフライパンにだし汁を全て入れて水気がなくなるまで中火で軽く炒め、細かく切った唐辛子を振りかけましょう。これで、「レバーとほうれん草のソテー」の出来上がりです。

 

食後のデザートに良い果物

メラニンの生成を抑え、バリア機能を高める働きのあるビタミンCは、レモンやみかんなどのかんきつ類は、そのまま食べても肌に直接的に働きかける為、食後のデザートに摂る事をおすすめします。

 

■ニキビ跡におすすめの食生活とは?

ニキビ跡に効果的な食生活とは、油分やカロリーが多い洋食よりも、低カロリーで油分の少ない和食や野菜や魚介類が多く摂れる鍋料理がおすすすめです。また、塩分の多い食べ物や甘い物、ビールなどのアルコール類の飲酒を控え、野菜や果物などのビタミンが豊富な食べ物を積極的に摂ると良いでしょう。