ニキビ跡を治すには皮膚科に行くしかないの?

ニキビ跡を治すには皮膚科に行くしかないの?

ニキビ跡を治すには皮膚科に行くしかないの?

ニキビ跡は、治療するまでに長い期間を必要としますが、皮膚科でニキビ跡を治す事のメリットとデメリットを挙げていきたいと思います。

 

皮膚科でニキビ跡を治療するメリットとデメリット

メリットについて
その@ 「安心・信頼性がある」

イメージ

資格を持った皮膚科の専門医よりニキビ治療を受けられる為、安心してニキビを治療する事が出来ます。


そのA「レーザー治療で治療が受けられ、効果的な薬を処方して貰える」

サロンやエステよりも、強いレーザーを使用してニキビ跡を治療が出来る為、ニキビ跡の改善効果が高いといえます。また、市販の薬局のニキビの薬よりもニキビ跡を改善する効果の高い医療品が処方される事が挙げられます。

 

デメリット
その@「保険の適応外となるので治療費が高額」

イメージ

ニキビの治療は健康保険の適用外ですので、治療費が高額になります。


そのA「美肌効果が期待出来ない」

皮膚科は、ニキビ跡という皮膚の疾患を治す事を目的としていますので、美肌効果が望めない事が挙げられます。つまり、ニキビ跡の治療は出来ても肌を綺麗にするような治療は行なわない為、ニキビが治る事に加えて肌が綺麗になるという訳ではないという事になります。

 

皮膚科に行けば必ず治るの?

ニキビ跡の治療をする為に、皮膚科の受診をお考えの方もいらっしゃる事と思われますが、皮膚科に行けば必ずや治るものではないという事を覚えておきましょう。確かに、治療レーザーやフォトフェイシャルやケミカルピーリングなどでニキビ跡を治療された方もいますし、ケロイド状のニキビ跡は、皮膚科でしか治療が難しいといわれています。ところが、皮膚科に行く事でニキビ跡が確実に早く改善出来るとは限らないのです。

 

場合によっては、肌トラブルや副作用があるというケースが数多く報告されています。その為、ニキビ跡でお困りの方は、最近では様々なスキンケア化粧品が開発されておりますので、自宅でのセルフケアの方が自分の肌質に合ったニキビ跡の治療が出来るといえます。